赤ちゃんに優しい除菌剤 アンチウイルスアクア

初めての赤ちゃんに苦労するお母さんを応援します

まな板の除菌と清掃(ノロウイルス対策として)


まな板の除菌は実はプロでも難しい物です。

しっかりしたスーパーやレストランなどでは毎月、作業上の衛生状態をチェックしています。

そこで必ず問題として出てくるのがまな板の除菌と、手の除菌です。

まな板には包丁で出来た無数の傷があり、その中に水分と汚れと細菌(ノロウイルスやO157なども)が隠れ済んでいます。アルコールの場合、実際には水にはじかれたり、あるいは薄まって効果がなくなってしまいます。

ですから、食品可能の現場では、熱湯消毒や、次亜塩素酸ナトリウムでの除菌を行っています。しかし、それではまだ弱いというのが本当のところです。次亜塩素酸ソーダ(、ミルトンなど)に含まれる除菌成分(次亜塩素酸)はごくわずかです。漂白剤と除菌は別物なのです。

それではとっておきのまな板の除菌清掃方法を伝授しましょう。

 

  • まずまな板をブラシやたわしでよく洗浄して下さい。
  • きれいな布巾で水分を拭き取ります。
  • アンチウイルスアクアをたっぷり噴霧し3分間放置
  • 再度、きれいな布巾でアンチウイルスアクアを拭き取ります
  • 再度アンチウイルスアクアを噴霧し3分間放置
  • 最後は清潔なペーパータオルで拭き取り。

えー、面倒くさい、そこまでやるの?

ご家庭ではそこまでは無理でしょうが、プロであればここまでやります。(やらせます。やらせてました。)

ノロウイルスで会社が倒産することだってあるのですから、面倒とは言ってられませんよね。

しかし、まな板の除菌はこれほど大変だと知らない、調理師もいっぱいいますから用心ですね。

除菌剤アンチウイルスアクアの情報ページ © 2014 Frontier Theme