赤ちゃんに優しい除菌剤 アンチウイルスアクア

初めての赤ちゃんに苦労するお母さんを応援します

ミルトンとアンチウイルスアクアとの違い


ミルトンは、 1.1 w/v%といういわば次亜塩素酸ナトリウム(水酸化ナトリウム)を水に溶かした物です。

具体的には100gに1.1gの次亜塩素酸ナトリウムを溶かしてあります。10,000ppmということになります。

これを20倍とか50倍に薄めて使うのがミルトンです。200ppmから500ppmの当たり前の次亜塩素酸ナトリウムの水溶液(ハイターと同じ)です。

ミルトンをこのようにして使った場合、
1.ヌルヌルします。(手の表面のタンパク質が溶けているためです。)
2.色物をつければ、脱色(漂白)します。

アンチウイルスアクアも、薄めて使うタイプで次亜塩素200ppmです。

しかし、
1.ヌルつきません。
2.漂白しません。

そして、ミルトンは強アルカリ性ですが、アンチウイルスアクアはお肌と同じ弱酸性です。

この液体の性質の違いがミルトンとアンチウイルスアクアとの違いです。

 

次亜塩素という物質が、液体のphにより性質が大きく変わります。

次亜塩素は、ミルトンのようにphがアルカリである場合は、殺菌力よりも、洗浄力(漂白剤としての力)が勝ります。ところが、酸性になると殺菌力の方が強くなります。

アンチウイルスアクアは特許製法で、弱酸性の次亜塩素酸の液体が作られました。大きな食品加工場、病院、牛乳工場などでは非常によく使われています。

それではなぜミルトンなどのメーカーがアンチウイルスアクアのような優れた除菌剤を販売しないのでしょうか?

1.薬事法で次亜塩素酸ナトリウムは薬品として販売できるから。
2.非常に濃くできるため、運賃などが安くなるから
3.次亜塩素は、本来紫外線や熱に弱いため、保管条件が守られないと能力が落ちるため

と言うのが主な理由と思われます。

安心して使える除菌剤アンチウイルスアクアを一度お試しください。

除菌剤アンチウイルスアクアの情報ページ © 2014 Frontier Theme