赤ちゃんに優しい除菌剤 アンチウイルスアクア

初めての赤ちゃんに苦労するお母さんを応援します

タグ: アデノウイルス

ノロウイルスにはやっぱり次亜塩素系の除菌スプレー

 64ef8abf4e3b1a9be0aa1937beedf22d_m

ノロウイルス、冬になると必ず流行するいやなウイルスですよね。

毎年9月ぐらいに、北海道からはじまります。

 

 

昔はお腹にくる風邪と言っていた物は最近では感染性胃腸炎といわれています。

この感染性胃腸炎の原因となるウイルスには複数の種類があります(ノロウイルス、ロタウイルス、サポウイルス)

しかい、そろいもそろってアルコールが効きません。

逆性石けん(消毒石けん)も効きません。

 

このようにアルコールも、逆性石けんも効果がないタイプのウイルスは

エンベロープと言うものを持たないタイプです。

このタイプのウイルスにはアデノウイルス、エンテロウイルスなどかなりの種類があります。

 

そもそも、アルコールはノロウイルスなどには効果がありません。

びっくりですか?

ノロ、ロタ、サポなどにはアルコール消毒液も、消毒用逆性石けんも効果がありません。

 

 

アルコールの中には効果があるとしている物がありますが、

カテキン、植物性酵素などをまぜることで実現しています。

 

アルコールよりカテキン!びっくりですよね。

 

 

知ってますか?

よくある、アルコール系の除菌剤の問題点

 

 

除菌時間がかかりすぎ

まず、実験時間を調査してみるとアルコール系では普通の菌でも30分が当たり前です。

あなたは除菌完了にに30分待てますか?

 

少量では効果がありません

アルコールは、菌を溶かすことが基本です、つまりかなり大量に必要です。

ちょっと拭いただけでは気休めです。

 

水に濡れると効果がありません

水に濡れてアルコール濃度が低くなれば、ほぼ効果はありません。

トイレの周り、洗面所、洗濯物など水分がたっぷりあるところでアルコールは意味がありません。

 

空中散布は厳禁です

アルコールを空気中にスプレーすると、想像通り、トンでもないことになります。

ウイルスは空中にも浮遊しているのに、空中にスプレーできません。

 

 

多様なウイルスや菌を除菌、消毒、不活性化できるのは、次亜塩素だけと言っても過言ではありません。

 

 

集団感染が発生する前に次亜塩素系除菌剤を準備しておきましょう。

 

 

なぜアルコールで除菌できないウイルスがあるのか

アルコール系除菌剤は細胞膜に含まれるリン酸脂質(つまり油)を溶かすことによって除菌剤がききます。細菌ならこれで効果があります。

そしてエンベロープと言う殻にこもったウイルスも簡単に除菌できます。エンベロープと言うのは油が主成分なので、アルコールによく溶けます。

ところが、ノロウイルスのようにエンベロープを持たないタイプはある意味タンパク質の固まり、アルコールが効きにくい訳です。

カビや芽胞化した細菌などもアルコールでは除菌ができません。

 

 

エンベロープを持たないウイルスの代表がノロウイルス

エンベロープを持たないウイルス(つまりアルコールで除菌できないウイルス)が意外にたくさんいます。

一般的な風邪のウイルスであるライノウイルスもエンベロープがありません。

感染性胃腸炎の原因となるアデノウイルス、ロタウイルス、、サポウイルスなどもエンベロープがありません。

コクサッキーウイルス、エンテロウイルスは手足口病や夏風邪、、ヘルパンギーナの原因ですが、これらもエンベロープがありません。

 

ノロだけでなく風邪でも次亜塩素系除菌剤の方がいいわけですね。

お腹に来る風邪、感染性胃腸炎の原因ウイルスはアルコールが効かない物がほとんどです。

風邪をひかせられない時には次亜塩素系除菌剤を超音波加湿で噴霧して予防に心掛けましょう。

 

サンプル除菌剤無料配布中

◆ 次亜塩素の除菌剤 サンプル配布中

11月~2月の繁忙期に入ると配布できないことがよくあります。
事前に入手して下さい。
http://www.aquavenus.jp/noro-jokin-591

 

ノロウイルスはどこからくるのか?

一番重要な感染源は、人。です。

ノロにかかっていても症状が現れない人がいます。
過去に感染したので、体内に抗体があるなどの場合、症状は出ていないけどウイルスがある。

そんな調理人が、トイレに行った後よく手を洗わなかったらもうそれでアウトです。

 

トイレに行った後の手洗い、調理器具を触る前の手洗い、食材を触る前の手洗い

 

残念なことにレストランの厨房や食堂では、ここまでやっていません。

 

集団感染を起こすと営業停止、そして風評被害が何年も続くことを考えたら

飲食店の経営者は、調理人の手洗いはトコトン注意しましょう。

 

 

 

次に重要な感染源は、嘔吐物の後始末ができていなかった

近くに感染者がいて、その排泄物の始末をしきれていない時があります。

嘔吐したときに、どこまで排泄物が飛んでいるのかわかりますか?

10メーター以上もとんでいます。

汚れているとか、いないではなく、広範囲にムラなく除菌することが大切です。

 

 

共同トイレ、ショッピングセンターのベビーベッド

水滴より小さな排泄物がついていても気がつかない場所なんていくらでもあります。

 

除菌、消毒のタイミング

 

感染したからと言ってかならず嘔吐、下痢の症状になるわけではありません。

自覚症状がないのに感染している不顕性感染

そんな時には、まったく意識なくまわりにまき散らしていることになります。

 

 

しかし、ウイルスは見えないからわかりませんよね。

 

そうなると、例えば、餅つき行事、給食での感染の確率が桁違いに高くなります。

 

あなたに自覚があろうがなかろうが

必ず食事、おやつの支度の前、食事の前は必ず消毒、除菌です。

大勢の食事の準備をするときには忘れずに。

 

給食や食堂などでは、高確率でアルコールしか準備していません。

僕なんかセブンイレブンでアルコール除菌しているのを見ると

逆にイラっとします。

 

 

トイレぐらい掃除しろ、

手洗いぐらい念入りにやれ!

 

 

数秒の手洗いは気休め効果だけです。

次亜塩素を準備出来ないなら、

流水で念入りに手洗いです

 

いや除菌剤を使っていたとしても

家族の中に感染者がいたら、

最低でも食事前には流水で念入りに手洗いです。

 

 

 

 

現在流行中の赤ちゃんの病気(2015年春)

一番確かなのが国立感染症研究所からの発表

2015年はこれ

http://www.nih.go.jp/niid/ja/idwr-dl/2015.html

 

最近ノロウイルスで不顕性と言って症状が表に出ない人がいるってニュースが流れることがあります。

もともと免疫力が高いと言うわけではなくて、一度かかると免疫ができますが、免疫があると逆に症状がでないことがあります。

あなたがもし不顕性だったら、

知らないうちに家族にうつしてしまうことになります。

ご主人が不顕性だったら、、、

考えたらキリがありませんが

トイレに行ったら除菌剤の習慣をつけておきましょう。

 

1年中心配な病気

病気には流行のピークがありますが、それでも何かの拍子にもらってきてしまいます。

1年中もらいやすい病気

 

夏風邪と言われた、アデノウイルス、プール熱

夏と冬が特に増えて普通の時の2,3倍になりますが、一年中患者さんがいるタイプの病気です

image

 

猩紅熱などと、恐れられことがあるレンサ球菌

学校がお休みの時以外いつでも、どこでもうつってきそうです。

image

ノロ、ロタ、サポなどによる感染戦胃腸炎

夏場は特に減ります。冬は夏の4倍ぐらい患者さんがでます。

しかし1年中患者さんがいる病気です。

 

 

image

 

春の病気

赤ちゃんに多いロタ

去年からやっと分離して集計されています
3月~6月ぐらいが特に多くなります
大人はほとんど症状がでません。

image

春の病気

手足口病

6月~8月にピークになります。今年は多くなりそうな雰囲気です。

image

ヘルパンギーナ

6月~8月がピークです

 

image

 

 

冬の感染症

RSウイルス

冬の感染症ですね。

image

インフルエンザ

ほぼ収束に向かっています

冬だけの病気に思えますね。

image

除菌剤アンチウイルスアクアの情報ページ © 2014 Frontier Theme