赤ちゃんに優しい除菌剤 アンチウイルスアクア

初めての赤ちゃんに苦労するお母さんを応援します

タグ: ハイター

ミルトンとアンチウイルスアクアとの違い

ミルトンは、次亜塩素酸ナトリウム 1.1 w/v%といういわば次亜塩素酸ナトリウム(水酸化ナトリウム)を水に溶かした物です。

具体的には100gに1.1gの次亜塩素酸ナトリウムを溶かしてあります。10,000ppmということになります。

これを20倍とか50倍に薄めて使うのがミルトンです。200ppmから500ppmの当たり前の次亜塩素酸ナトリウムの水溶液(ハイターと同じ)です。

ミルトンをこのようにして使った場合、
1.ヌルヌルします。(手の表面のタンパク質が溶けているためです。)
2.色物をつければ、脱色(漂白)します。

アンチウイルスアクアも、薄めて使うタイプで次亜塩素200ppmです。

しかし、
1.ヌルつきません。
2.漂白しません。

そして、ミルトンは強アルカリ性ですが、アンチウイルスアクアはお肌と同じ弱酸性です。

この液体の性質の違いがミルトンとアンチウイルスアクアとの違いです。

(さらに…)

ペット用アンチウイルスアクア

petava

 

ペット用と人間用と何が違うの?

実は、、ほとんど変わりがありません。少し有効成分(次亜塩素酸)の濃度が高くなるように調整しています。

家庭用では、アンチウイルスアクア特有の塩素臭がなるべく少なくなるように、少し濃度を押さえています。

それでもハイターを薄めて作った除菌液より3倍~4倍程度強力です。そのままペットにも使っていただくことができます。しかしペット用を特別に作っている訳は。

  • 人間より、雑菌がつきやすい上、手洗いもしてくれませんので、もっと強力な除菌力を維持するため。
  • ペットにつくウイルスや菌にはタフな物があるため。
  • 特にペットの臭いが気になる場合に、強力に消臭するため

小動物に使っても大丈夫?

マウスに対しても毒性がありません。鳥、ハムスター、亀などにも使えます。

もちろん、犬や猫の体についたものをなめてしまっても大丈夫です。

どんなふうに使えばいいの?

  • ペットの家やトイレにスプレーして下さい。湿っている間は除菌・消臭力を維持しています。
  • ペットを触った後に手指にスプレーして、手を摺り合わせて下さい。
  • ペットの散歩の後に、手足にスプレーしてキレイにして下さい。
  • ペットが吐いたり、排泄した後にスプレーして下さい。
  • その他臭いや菌が気になるところへスプレーして下さい。
  • ペットの皮膚病の洗浄に使って下さい、回復が早まります。(一日、2~3回程度)

ペットによくある病原菌

コロナウイルスバルボウイルス、カンピロバクター,黄色ブドウ球菌,ウエルシュ菌,病原性大腸菌などが代表的ですが、Q熱

鳥の場合、ピジョンオーニソージス、クリプトコックス,ニューカッスル病,ヒストプラズマ,オウム病などが人間に感染します。

犬猫の場合、パスツレラ病,皮膚糸状菌

ハムスターなど齧歯類の場合、腎症候性出血熱野兎病レプトスピラ症、ペストサルモネラ症鼠コツ症。

あげればキリがないぐらいあります。人も動物もかかる病気をズーノーシスと言います。

かわいがるだけでなく、ペットの健康管理、衛生管理もしっかりして下さい。

除菌剤アンチウイルスアクアの情報ページ © 2014 Frontier Theme