赤ちゃんに優しい除菌剤 アンチウイルスアクア

初めての赤ちゃんに苦労するお母さんを応援します

タグ: 環境

マイコプラズマ肺炎の予防と除菌

マイコプラズマ、最近ニュースでもよくでて来る言葉ですが、2011年の冬大流行中でしたが、その時書いた記事に加筆です。

 

2016年はRSウイルスだけでなくマイコプラズマ肺炎も過去最多です。

 

脅している訳ではないのですが。

国立感染症研究所によるとマイコプラズマ肺炎もこの10年では今年は過去最多になっているそうです。

 

肺炎には人にうつるものとうつらないものがありますが、

うつるタイプの代表がマイコプラズマ肺炎です。

 

中学生以下の子どもの方が感染しやすいので、受験を控えた家庭では特に注意しましょう。

最初は熱や頭痛で、風邪と同じですが、3-4週間、咳が続きます。比較的元気なので、単なる咳が続く風邪だと思いがちですが、マイコプラズマ肺炎のケースも今年は多そうです。

 

あれ咳?と思ったら、マスクをして咳エチケットです。

 

 

マイコプラズマには抗生物質が効きますが、何も考えずに処方をする医師も多いので、抗生物質を処方されたら、マイコプラズマにも効くかどうか聞いてみましょう。

 

予防法は、当たり前のマスク、手洗い、うがい、患者との接触を避けること。

予防も当たりまえが大切ですね。

 

一度に大量のウイルスが体に入り込めば、症状が重くなる。
体が弱れば、色々なウイルスが入り込みやすくなる。

 

体に入り込むウイルスを減らして、症状を軽くする。

できれば体の免疫力以上には取り込まないのがベストですね

 

 

マイコプラズマ肺炎の症状

発熱と空咳なら疑うべし!

マイコプラズマに感染した時の症状の特徴は、まずは咳、痰が伴わない咳で、発熱は38度を超える高熱となることが多いです。頭痛、咽頭痛、刺激性の咳(乾性の咳)倦怠感などのいわゆる風邪のような症状になります。消化管へのウイルス感染によって嘔吐、下痢、腹痛などの症状がある場合もあります。幼児より大人の方が症状が重くなる場合が多いため、体力の弱っている高齢者の感染には特に注意して下さい。 空咳から始まった風邪はマイコプラズマを疑って下さい。

 

マイコプラズマ肺炎の対策

効かない抗生物質がある、耐性菌が存在する、ワクチンがない

正しい抗生物質を使えば、治りが早い!

 

マイコプラズマはペニシリン系の抗生物質が効かず、テトラサイクリン系、マクロライド系を使いますが耐性がある耐性菌が増えています。耐性菌の場合抗生物質も効かなくなるので要注意です。 またワクチンはありませんので予防することも難しくなります。 対策は2つ 1つは、すぐれた除菌剤でマイコプラズマを除菌し、感染の拡大を防ぐこと。 特に飛沫感染で、咳により唾液が居住環境に付着しやすいため、加湿器での除菌剤を散布し、付着菌の退治をお勧めします もう一つは免疫力・抵抗力を高めること。 寒暖の差が激しいと特に体の免疫力・抵抗力が落ちてきます。乳酸菌のサプリメントプルーンべにふうきなた豆茶など体の免疫力を高めるとされる食品と休養を十分に取りましょう。

RSウイルスが重症化するタイプ そして予防と除菌

563354

まずは、大切なところだけをざっくりまとめました。

赤字のところが要注意点です。

赤ちゃんに優しい除菌剤のサンプルはこちらから

 

RSウイルス感染症は、3才以下の子どもがかかりやすい病気です。

一回かかってしまえばあまり気にすることはない病気なのですが...
しかし、6ヶ月未満の赤ちゃんは特に、危険で重症化しやすく

無呼吸症となるケースがあり、

突然死の原因の多くを占めるとも言われています。

 

 

うちの息子が風邪から来たらしい脳炎で亡くなったのが
6才の時でしたからRSではありませんが
すごく気になる感染症です

 

重症化しやすいのは、肺や心臓などに疾患を抱えていたり異常があったりした場合です。

RSウイルス感染症は風邪と同じように何度も感染しますの。

そのうちに抗体ができて3歳以降では風邪のような症状のみで危険度はグッと下がると考えられていますが

 

しかし、赤ちゃんの場合も、最初は咳や鼻水の風邪の諸症状ですから、

素人には(多分医師でも)まず識別不可能です。

お医者さんなら、検査キットがあるのですぐにわかります。

 

症状がひどければ入院して点滴と酸素吸入が必要です。

 

熱より、呼吸の方が致命的です。新米お母さんは

呼吸が苦しそうだったら、即病院

小さな赤ちゃんにとってはインフルエンザの高熱よりやっかいです。

 

 

さて重要なもう1つの注意は、

はじめてRSウイルスに感染した赤ちゃんを看病している

お母さんにもうつりやすい!、

さらにうつった場合症状が悪化することです。

 
原因は抗体のない赤ちゃんが

大量に出すウイルスに感染してと考えられていますので、

マスク、除菌などで体がウイルスに入らないように予防に心掛けましょう。

 

 

多くのお宅では、最後の砦はお母さんだと思います。

 

看病するお母さんは、自分までうつってしまわないようにマスク、

除菌剤、うがい、手洗いを心がけましょう。

そして看病疲れしないようにしましょう。
お父さんは、せめて邪魔にならないように自分の事は自分でしましょうか。

↑ 僕が言われたことでもありますが 

 

 

知っておいて欲しいのは大量のウイルスにやられると症状が重くなるということ

 

 

除菌?関係ないと思っている、あなたへ!
あなたの体に入り込んでくるウイルスを減らすことで、少なくとも症状が軽くなります。

 

身の回りのウイルスを減らせ

少しでもウイルスを減らす、ワクチンがない以上これが積極的な予防策です。

 

 

真面目にまとめると、めんどくさくなりますが

 

 

RSウイルスってなに?

名前の由来は、呼吸器(respiratory tract)感染症患者から分離され、感染細胞が多核巨細胞つまり合胞体(syncytium)を形成するという特徴から来ています。

RS ウイルス遺伝子は1本のマイナス(-)鎖RNAで、RSウイルスはMononegavirales門パラミクソウイルス科(Paramyxoviridae)のPneumovirus属に分類されます。

 

RSウイルスの仲間

パラミクソウイルス科に属するウイルスには、古くからパラインフルエンザウイルス、麻しん(はしか)ウイルス、ムンプス(おたふくかぜ)ウイルスが知られているほか、最近やはり呼吸器感染症をおこすメタニューモウイルスが発見されました。

RSウイルスにはAとBの血清型があり、さらに各血清型に多くの遺伝子型が知られています。(ワクチンが作りづらいウイルスです)。

エンベロープをもち環境中では不安定で、石けん、消毒薬などでも簡単に除菌出来(失活)ます。

 

 

乳児のRSウイルス感染症は要注意

RSウイルスは接触や飛沫から気道に感染し、2-5日の潜伏期の後、発熱、鼻水、咳などで発症、通常1-2週間でなおります。

しかし2歳以下の乳幼児ではしばしば上気道炎から下気道炎に進展して細気管支炎、肺炎を発症します。

特に6ヶ月以下の乳児では入院加療を必要とすることが珍しくありません。

 

免疫不全児、低出生体重児や呼吸器・循環器に基礎疾患をもつ乳幼児は重症化しやすく、特に注意が必要です。

 

 

RSウイルス感染症の疫学

RSウイルス感染症は世界中でみられます。

日本では主に乳幼児の間で冬季に流行し、通常10月から12月にかけて流行が始まり、3月から5月頃まで続きます

 

母体からの移行抗体だけでは感染防御は不十分なため、6ヶ月未満の乳児も感染・発症します。

 

 

診断

ウイルス分離、ウイルス抗原の検出、ウイルスRNAの検出、血清抗体価の上昇等の検査結果からRSウイルス感染症の病因診断がなされます。

重症化していなければ、風邪だね。で終わりです。

 

赤ちゃんが風邪だったら、赤ちゃんの触れる物、よだれ、咳の飛沫がついた物は、除菌しましょう。

お母さんが倒れないために

 

予防と消毒

ワクチンはなし、マスク、手洗い、うがいと、除菌です。

RSウイルス感染症は、感染者の気道分泌物への接触あるいは咳で生じた飛沫を介して感染します

 

 

RSウイルスはエンベロープをもっているので、石けん、消毒用アルコール、

次亜塩素酸ナトリウムをふくむ塩素系消毒薬(アンチウイルスアクアもその仲間です)などにふれると容易に感染力を失います。

 

赤ちゃんに優しい除菌剤
サンプルがもらえます◎リンクをクリックして下さい

除菌剤アンチウイルスアクアの情報ページ © 2014 Frontier Theme