赤ちゃんに優しい除菌剤 アンチウイルスアクア

初めての赤ちゃんに苦労するお母さんを応援します

タグ: 耐性菌

マイコプラズマ肺炎の予防と除菌

マイコプラズマ、最近ニュースでもよくでて来る言葉ですが、2011年の冬大流行中でしたが、その時書いた記事に加筆です。

 

2016年はRSウイルスだけでなくマイコプラズマ肺炎も過去最多です。

 

脅している訳ではないのですが。

国立感染症研究所によるとマイコプラズマ肺炎もこの10年では今年は過去最多になっているそうです。

 

肺炎には人にうつるものとうつらないものがありますが、

うつるタイプの代表がマイコプラズマ肺炎です。

 

中学生以下の子どもの方が感染しやすいので、受験を控えた家庭では特に注意しましょう。

最初は熱や頭痛で、風邪と同じですが、3-4週間、咳が続きます。比較的元気なので、単なる咳が続く風邪だと思いがちですが、マイコプラズマ肺炎のケースも今年は多そうです。

 

あれ咳?と思ったら、マスクをして咳エチケットです。

 

 

マイコプラズマには抗生物質が効きますが、何も考えずに処方をする医師も多いので、抗生物質を処方されたら、マイコプラズマにも効くかどうか聞いてみましょう。

 

予防法は、当たり前のマスク、手洗い、うがい、患者との接触を避けること。

予防も当たりまえが大切ですね。

 

一度に大量のウイルスが体に入り込めば、症状が重くなる。
体が弱れば、色々なウイルスが入り込みやすくなる。

 

体に入り込むウイルスを減らして、症状を軽くする。

できれば体の免疫力以上には取り込まないのがベストですね

 

 

マイコプラズマ肺炎の症状

発熱と空咳なら疑うべし!

マイコプラズマに感染した時の症状の特徴は、まずは咳、痰が伴わない咳で、発熱は38度を超える高熱となることが多いです。頭痛、咽頭痛、刺激性の咳(乾性の咳)倦怠感などのいわゆる風邪のような症状になります。消化管へのウイルス感染によって嘔吐、下痢、腹痛などの症状がある場合もあります。幼児より大人の方が症状が重くなる場合が多いため、体力の弱っている高齢者の感染には特に注意して下さい。 空咳から始まった風邪はマイコプラズマを疑って下さい。

 

マイコプラズマ肺炎の対策

効かない抗生物質がある、耐性菌が存在する、ワクチンがない

正しい抗生物質を使えば、治りが早い!

 

マイコプラズマはペニシリン系の抗生物質が効かず、テトラサイクリン系、マクロライド系を使いますが耐性がある耐性菌が増えています。耐性菌の場合抗生物質も効かなくなるので要注意です。 またワクチンはありませんので予防することも難しくなります。 対策は2つ 1つは、すぐれた除菌剤でマイコプラズマを除菌し、感染の拡大を防ぐこと。 特に飛沫感染で、咳により唾液が居住環境に付着しやすいため、加湿器での除菌剤を散布し、付着菌の退治をお勧めします もう一つは免疫力・抵抗力を高めること。 寒暖の差が激しいと特に体の免疫力・抵抗力が落ちてきます。乳酸菌のサプリメントプルーンべにふうきなた豆茶など体の免疫力を高めるとされる食品と休養を十分に取りましょう。

次亜塩素系 除菌剤 アンチウィルスアクアの特徴

赤ちゃんに優しい!除菌剤

赤ちゃんが間違ってなめっちゃった、飲んじゃった、それでも問題はありません。

弱酸性で人間の細胞にはほとんどダメージを与えません。

 

効果がでるまでに、待たせません!

除菌ができるJoyだと18時間も待たなければ効果がありませんが

次亜塩素系除菌剤のアンチウイルスアクアなら 数秒で効果があります。

除菌ジョイ3

 

除菌と消臭が一度にできる

忙しい主婦やプロには時間が重要。

消臭力も強いので、お掃除や衛生管理がとても楽になります。

 

アルコール除菌剤と違い

アルコール除菌剤は、素早く乾いて扱いが楽なのですが。

水回りでは効果がない、吸い込むと危険、手が荒れる、かぶれるなどの問題があります。

 

食品衛生のプロはまな板の除菌を決してアルコール除菌剤では行いません。

 

空気中に散布して、空間除菌。お部屋の空気の浄化ができます。

アルコールは時間がかかる、除菌出来ない菌やウイルスが多い。

風邪の原因ウイルスの半分はアルコールでは効果がありません。

 

 

次亜塩素系除菌剤はどんなところで使われているのか

 

食品工場

施設の洗浄、野菜など材料の洗浄。食品添加物で高い安全性が確保されています。工場では、大規模は蛇口をひねると除菌剤が出てくる水道まであるところがあります。

 

介護施設

トイレから、廊下まで、粗相があったところを素早く除菌。

除菌と消臭が一度にできると、忙しい介護の現場ではとても重宝されています。痴呆の老人がアルコール除菌剤を飲んで大事故になって以来次亜塩素と言う介護施設もあります。

 

歯科医

生成用の機械を導入し、インプラントや歯槽膿漏の治療でうがい用としてアンチウイルスアクアと同じ成分、濃度の除菌剤を使っている歯医者さんが数多くあります。

 

病院

アデノ、ノロの季節はアルコールではなく次亜塩素に変更するところが増えています。

 

学校

アルコールにかぶれる生徒さんがいるところは、例年ノロやインフルの季節に購入して行きます。

 

ブリーダー

清掃に使うほか、病気になりやすい、子猫、子犬を触るときには人間の方を除菌。

 

 

 

アンチウイルスアクアの特性

色や味、臭いなど

色 ・・・・・・・ 無色・透明
臭い ・・・・・ いわゆるカルキ臭(プールの消毒のような臭い)
味 ・・・・・・・ 飲むものではありませんが、何となく渋い、えぐいような味です。
触感 ・・・・・ 水と同じで乾燥してべたついたり、シミが残ることはありません。

特徴

  • 強力で確かな効果
    空間衛生が可能
    水回りでも高い除菌力
    水回りでも効果があります。
    芽胞(半結晶状態になった耐久型最近)にも効果が高い
    いわゆる耐性菌を作りません。

 

  • 環境に優しい
    人間の体内と同じメカニズムで除菌
    自然環境中に存在する有機物に接触すると、最終的に水や塩など無害なものに変化する。

 

  • 人間に優しい
    人間の肌と同じ弱酸性です
    アルコールは全く含まれていませんのでアルコールでかぶれる人にも安心です。
    誤飲をしても胃を痛めません。(大量に誤飲した場合は念のために牛乳をお飲み下さい
    アレルゲン(アレルギー原因物質を含んでいません)

 

 

 

医者も製薬会社も認めたくない除菌剤の真実

病院へ行くと必ず置いてある除菌剤は、アルコール。

次亜塩素を置いてある病院はごく少数派です。

 

その理由は、

医者が気にしているのはMRSAの院内感染だけです。それ以外はほとんど気にしていません。

製薬会社は病人が増えるほど儲かります。なんで予防薬の除菌剤を、しかも儲からない物に時間やお金はかけません。

商売ですよね

 

僕たち一般市民は自分の家族は自分で守るそんな意志が必要です

除菌剤アンチウイルスアクアの情報ページ © 2014 Frontier Theme